FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/21

回復期終了後の波

回復期終了後の波は、本当に激しいことを痛感しております。PFS発症直後、もうあまり詳しくは思い出せませんが、前立腺炎と診断され、抗生剤を飲みながら、一喜一憂していた頃も今と似ていたかもしれません。

さて、直近の回復期が終了して10日以上経った今になって、激しい波が来ています。

昨日は、朝はまあまあ快適な状態から、夕方になって急激に回復し、寝る前には調子が悪くなっていました。今日は、一日の大半が非常に快適で、驚くほど活力が戻っていたのですが、夜になってホットフラッシュ症状が出て、その後、急に強い不安が襲って来て、今は寝ることもできません。

快適な期間は、お腹から下腹部にかけて心地よい感覚があり、体に力が入り、疲れ知らずで、昔の自分を思い出してしまいますね。自分でも別人のようです。

私について言えば、顔がほてるなどの自律神経系の症状は、性機能低下や強い精神不安の前兆現象であることが多いです。特に違和感がある症状を挙げるとすれば、脳全体が圧迫されるような変な感覚と、頭の左側の非常に局所的な場所に短時間の頭痛が起こることでしょうか。

PFSの原因として、脳神経系が候補とされる理由がわかる気がします。ただし、これが正しいとすれば、根治は極めて困難でしょう。
スポンサーサイト
ポストフィナステリド症候群 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。