FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/30

自殺の是非

会社を辞めるのが非常に面倒に感じている自分がいます。辞めずに死んだらどれほど迷惑がかかるかは想像できるのですが、会社を辞めることの大変さに、耐えられる自信がありません。

まず、病気を理由に辞めると言ったら、間違いなく引き留められます。自意識過剰なわけではなく、うちの会社のうちの職場の人達が、とても優しい人達だからからです。説得するのがとても大変になるでしょう。そして仮に説得できたとしても、各種手続き、引っ越し、親への説明・・・。想像するだけで、気力が削がれます。

全ての人の脳内から私という存在が消えて、なかったことになったら、どれだけ楽だろうと思います。


私は決して自殺は悪い事ではないと思います。病気になる前からそう思っています。安楽死にも賛成です。死を悪者扱いするのは人間だけではないでしょうか。人間も動物なのですから、環境に適応できなかった個体や、体の弱い個体は早く死にます。ただそれだけです。弱くて生きるのが大変だから、もう自分の遺伝子を残し家族の遺伝子を守る気力がないから、生きるのをやめる。それが人間という種にとって不利益になるとは思いません。

自殺に反対する人がいるとすれば、それはきっと生きるのが楽しい人なのでしょう。自分が自殺することに嫌悪感を覚えるので、皆もそう思っているはずだと自分の考えを一般化しているだけです。どちらが正しいわけではなく、単なる価値観の違いです。

Yahoo!知恵袋の以下のページにあるベストアンサーには非常に共感しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220341802
スポンサーサイト
未分類 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
甲田療法
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
« PFSの症状の波 | HOME | 近況 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。