--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/14

仕事のこと

最近、上司が気を遣ってくれて、仕事を変えてくれました。やはり頭がついていきませんでした。新しいことをやることができなくなっています。今までやったことのあることか、その延長しかできません。

ただ、論理的思考力だけは残っているので(劣化したかもしれませんが)、それを活かして、なんとかあと少しの間を乗り切れればと思います。

まだ期待されているのが心苦しいです。優秀だと言ってくれるのは嬉しいのですが、でもそれは昔の自分のことなのです。回復する見込みがないことがわかった今となっては、今後、期待に応えられる日が来ることはありません。それが悲しくてつらいです。

活力がないというのことが、これほどつらい事だとは、昔は想像すらできませんでした。そんなの気合いだとか思っていた自分が恥ずかしいです。この病気になって、更年期障害やうつ病の人の気持ちがわかるようになりました。自分ではどうしようもないのですね。


ここ2,3日、体調面が不安定で、頭が重かったり吐き気がしたりすることが多いですが、気分は比較的安定しています。特に、寝るときに頓服を飲んでいるのが効いているようで、寝るときの不安感や起きた時の不快感がほとんどなくなったのは、大きな救いです。

去年の7月に発症してから、波がありつつも、少しずつ悪くなっている気がするのですが、もう少しだけもってほしいです。特に何かあるわけではないのですが、なぜかあと数か月だけ頑張ることが自分の目標になっています。
スポンサーサイト
体調のこと | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
はじめまして 
私はここ数ヶ月抜け毛の増加に悩みフィナステリドの摂取を検討中副作用について調べている際に貴方のブログにたどり着いたものです。
私には貴方が本当にPFSなのかどうか確認しようがないですが、少なくとも貴方のかかれる文からは病気のつらさがひしひしと伝わってきます。
病院では双極性障害と診断され、フィナステリドの副作用だという事は相手にしてもらえなかったとのことですが、貴方が病院で処方されたプロペシアを使用しておられたのなら、思い切って別の病院を受診してみてはどうでしょうか?日本には薬剤による重度の副作用を被った方に対する救済制度が存在します。プロペシアの副作用ということが証明されればその制度を利用することによって少なくとも金銭面での将来の不安は解消されるかと思います。ただ医者や製薬会社は自分達が出した薬の副作用を認めないことが多いので、場合によっては医療過誤弁護士http://www.furuta-law.jp/に相談してみる必要が出てくるかと思います。
とはいえ文章から察するに今の貴方は精力的にこのような活動を行うのは困難な状態かとも思います。
私の個人的な感情ではPFS症候群のことを多くの人に知ってもらいPFS症候群救済、治療制度制定ため貴方に何かしらの活動をしてもらいたいというのが本音ですが、貴方には一切そのような活動をする義務も責任もありませんし私の言うことを聞く必要もありません。ただ私には貴方がこのまま何もせずに死んでゆくのはあまりに無念に思えてなりません。(とはいえ貴方からすれば私のような鬱病でもない人間だからそんなことがいえるのだといった感じかもしれませんが)
最後に、貴方がこの先、生き続けるという選択をするのか死を選択するのかはわかりませんが、私は貴方にやすらぎが訪れることを心から祈っております。
No title
励ましのお言葉ありがとうございます。救われます。

フィナステリドを検討されているということですが、ブログの本文でも書いている通り、絶対に服用されないようお願いいたします。フィナステリド以外のものであっても、ホルモンに影響を与えるものは避けた方がよいと思います。

せっかくアドバイスいただいて申し訳ありませんが、私はあと少しの期間を乗り切ることで精一杯です。このブログをささやかな活動としたいと考えています。

最近はネットで薬の情報を調べる人が多いです。ですので、このブログがフィナステリドのリスクを知る機会になればと考えています。そのためにも、ある程度、検索上位に来るよう頑張らなければなりません。それを活動とさせてください。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。