--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/01

最後に

この記事が投稿されている頃には、私はもうこの世にはいないかと思います。最後は予約投稿にて失礼いたします。

思えば、PFSを発症して、いろいろありました。周りにも迷惑をかけました。落ち込みは尋常ではなかったです。そして自分がPFSであることを知ってからこのブログを始めました。死ぬことを決意したのもこのときです。

残念ながら、私には身近に理解者はいませんでしたが、このブログを通して何人かの方に助けていただいて、私は、自分のやりたかった仕事をほぼやりきることができました。残りカスみたいなエネルギーで、自分でもよくやったと思います。職場の上司や仲間にも恵まれて本当に幸いでした。


最後に、このブログの読者様にお伝えします。
 ・フィナステリド(やデュタステリド)は絶対に服用しないでください
  (全ての人がPFSを発症するわけではありませんが、
   重篤な副作用のリスクがある時点でやめるべきです)
 ・現在服用中の方は、できる限り速やかに、
  しかし注意深く、服用を中止してください
  (残念ながら、徐々に減薬するべきか、
   即やめるべきかの結論は出ていません)  
 ・すでにPFSを発症してしまった方は、
  前回の記事のガイドラインにしたがって、
  自身の体を信じて回復に取り組んでください

PFSが恐ろしいのは、一度発症すると、常に慢性的な不安が付きまとい、活力がなくなり、自己愛がなくなり、リラックスできなくなり、何も楽しむことができなくなることです(症状の程度には個人差はあるでしょうが)。単に性欲がなくなったり、EDになったりするのとは違い、QOLが著しく低下するということをご認識ください。


今後は、PFSのことや、その対処法、最新の研究成果などを日本語で噛み砕いてご紹介いただける有志の方が現れることを願っております。PFSに関する海外サイトとしては、以下が有名どころのようです。

 Propeciahelp.com
 http://www.propeciahelp.com/

 PFSのことをまとめたサイト
 http://finasteridesyndrome.blogspot.jp/

 PFS財団のサイト
 http://www.pfsfoundation.org/


どうか、全てのPFS患者に救いが訪れますように。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(9) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。